山形県かみのやま温泉 果実の山あづま屋
ご予約はこちら 日付で検索

オススメプランのご案内

『掃除第一主義!!』

私はテレビ東京系列のカンブリア宮殿という番組が好きで
よく見るのですが、ある時に
経営者ほど、自ら掃除をするシーンがあることに気づきました。
当初は、思ったものです。
掃除は特に特別な知識やスキルがいるものではない。
(業務用には、こびりついた汚れや高所の窓ふきなど、
プロの効率や技はもちろんありますが、、、。
掃除のプロの方、気分を悪くされたらごめんなさい。)
ナゼに、こんなに大事にするのかと考えました。

社長自ら、トイレの掃除をし
社長自ら、玄関を掃き、
というシーンを幾度となく見てきました。

それに気づいてから「掃除」とは何か、考えてきました。
まず、あるのは精神的にキレイにすることで
自らのモヤモヤを晴らし、自分の仕事を快適する進める儀式ではないかと思ったのです。

もちろん、接客業なら、「掃除するのは当たり前だよ」となりますが
接客業ではない社長も掃除を大事にするのです。
となると、もっと深い意味が「掃除」にはあるのではないか?と考えます。
メジャーリーガーのイチロー選手がよくグローブの手入れを大事にする、という話を聞きます。
自分の仕事道具を大事に使い、感謝するという意味もあるのかと思います。
自分の仕事場を綺麗にすることは、仕事への感謝の気持ちの表れ、なのかとも思います。
そして、もう一つ、私が掃除に対する思いがあり、
それは何かというと、、、「スランプがない」ことです。
営業の仕事、企画の仕事、自然を相手にする仕事だろうと
どうしてもいい時と、調子が悪い時が出てくるものです。
ところが、こと掃除に関しては、やったらやった分だけ、キレイになります。
雑巾がけした時の汚れが付いてるのを見ると、よっしゃ綺麗になった!
と掃除をしただけの成果が分かりやすく出ます。

余談ですが、ダイソンの取れたゴミが見えるとか、
黒い綿棒を使って耳カスが取れたのを見ると、つい嬉しいのは
私だけじゃないと思います。

掃除をすることでお客様に気持ちよくなってもらうのは
当然ですが、自分自身にとっても掃除をすることは大事にしたいこの頃です。
あづま屋では、見えるところも見えないところ
ピカピカにして皆様をお迎えします。

本日も当ページにお越しいただきありがとうございます。

>>>ご予約はこちら

旅色に紹介されました。

癒しの旅をテーマに、おすすめの宿(ホテル・旅館)、温泉、一人旅などをナビゲートするウェブマガジン「旅色」。ご当地自慢のグルメや観光情報も満載。有名女優や著名人が、大人の旅の魅力を伝えます。

   


旅色に紹介されました

あづま屋facebookページ

PAGE TOP