☆HP予約3大特典☆①館内利用券1,000円分②ゆっくりチェックアウト11時まで③次回からご利用可能な日帰り入浴券

新たな癒しについて

先日、知人の女性からLINEでうさぎのスタンプが届いた。

このウサギに対し、私は「可愛くないのも可愛いじゃない。」と返した。
とっさの返事なので、深くは考えていなかったが、
嘘偽りなく、「可愛くない兎」も可愛いと思ったのだ。
よく「ぶさいく」なのに「かわいい」という「ブサカワ」であったり
「気持ち悪い」のに「かわいい」が混ざって「キモカワ」なんて言葉は耳にしていた。
女子高生が使いそうな言葉なのだけれども、一見、矛盾する言葉がくっつくことはあるのだなと
身をもって知る出来事だった。

ここから、もうちょっと深堀したくなった。
「うれしい」と「かなしい」が合体すると「うれかな」となるがどんな場面なのか?
子どもが成長して、大学へ進学する。嬉しいけど、離れて暮らすのはちょっと悲しい。
嬉しいやら、悲しいやらということか。娘の結婚も、そんな瞬間であろう。

では、「つまらない」と「おもしろい」ならば、「つまおも」か。
どんな瞬間なのか?あのギャグはつまらないけど、周りが引いている様子が面白い!ならあるか。
そんなことを考えているうちに
今、時代は「質の違いを出す時代」になっているとふつふつと湧き上がってきた。
別の言い方をすれば、細分化されていると言ってもいい。
他とは違う何かを出すために、差別化し、オンリーワンを目指す。

「かわいい」にも、どうかわいいのかがあるように。
温泉宿にとっては「癒し」は一つのキーワードである。
温泉に浸かれば、そこには「癒し」がある。
いい景色をみれば、そこにも「癒し」がある。
きっと、「耳にイイ癒し」「見た目にイイ癒し」「心に効く癒し」「体にイイ癒し」と
いろいろ細分化されていく。

ペットと過ごせる宿は、存在するけど、
ペットを貸し出す宿は、新たな癒しのサービスなのかと思ったりもする。
動物セラピーといっしょで、普段ペットを飼わない人に貸し出してあげる。
きっと、コストの問題やにおいの問題で、旅館で提供するのは難しいのでしょうが、
もし、自分が客なら一度は試してみたい気もします。
皆さまはいかがでしょうか?

あづま屋では「癒される笑顔のサービス」をお届けするために
精進して参ります。
本日も、当ページをご覧いただきありがとうございます。

ご予約はこちらから

館内施設宿泊プラン一覧

旅色に紹介されました。

癒しの旅をテーマに、おすすめの宿(ホテル・旅館)、温泉、一人旅などをナビゲートするウェブマガジン「旅色」。ご当地自慢のグルメや観光情報も満載。有名女優や著名人が、大人の旅の魅力を伝えます。

   


旅色に紹介されました

あづま屋facebookページ

PAGE TOP