☆HP予約3大特典☆①館内利用券1,000円分②ゆっくりチェックアウト11時まで③次回からご利用可能な日帰り入浴券

【コラム】春探しにかみのやま温泉へ

最近、TBS系列のプレバトの「俳句の査定ランキング」のコーナーが面白い。
夏井いつき先生の辛口なコメントに、適切な添削されると
スカッとした爽快感を感じさせてくれる。
俳句の大事なポイントとして、どんな季語が使われているかが
問われるのだが、意外と季語って知らないものだ
とわが身の無教養ぶりを恥じる。

ちょっと調べると、「春探し」という言葉を見つける。
3月に入り、いよいよ春の訪れが近い。
まさに「春探し」に持ってこいの季節ではないか。
ここでふと思う、「秋は見つける」なのになぜ、「春は探す」のかと。

この二つの違いは何なのか?
何かを探す、探した結果、何かを見つける。
流れとしてはこうだ。
あるいは探してなくてもたまたま「見つける」ことはあるかもしれない。
「小さな秋を見つけた」はどちらかというと、後者ではないのか?
たまたま、見つけるのではないのか。

一方、春を探す、は長い冬で閉じこもりになる中、
春の息吹を感じさせるものに触れ、花満開になる季節の到来に思いを馳せる。
つまり、「春を探す」とは積極的意味合いが強いのではないだろうか。
それでいて、気分を前向きにさせる力があると感じる。

さて、あなたならどんな春を探しますか?

花や雪解けの川なんてのもおつなものですが
春の星座を探すのはいかがでしょう。
山形の澄んだ空気で見る星空はとても美しい。
都会では気づきにくい、煌めく星々を感じることがきっと出来ます。
ではどんな星座があるのかご紹介しましょう。


(引用元:http://www.study-style.com/seiza/spring.html)

北斗七星、アルクトゥルス、スピカを結ぶ大きなカーブを「春の大曲線」と呼び、春の星座の代表になっています。
また、うしかい座のアルクトゥルス、おとめ座のスピカ、しし座のデネボラを
結んで出来た大きな三角形を「春の大三角」になります。
あづま屋の露天風呂「美肌の湯」に浸かりながら、春の星座を探してみてはいかがでしょう?

スタッフ一同、「あづま屋」へお越しをお待ちしております。
ご予約はこちらから

館内施設宿泊プラン一覧

Written by H.SHIMAZU

旅色に紹介されました。

癒しの旅をテーマに、おすすめの宿(ホテル・旅館)、温泉、一人旅などをナビゲートするウェブマガジン「旅色」。ご当地自慢のグルメや観光情報も満載。有名女優や著名人が、大人の旅の魅力を伝えます。

   


旅色に紹介されました

あづま屋facebookページ

PAGE TOP